この国から
災害をなくすことは難しい。
だからこそ、もしもの時に
生き抜く力を育みたい。
スポーツにはそれができるはず。

いつもの
習慣が
もしもの
力になる。

私は阪神・淡路大震災に被災しました。
本棚が倒れ本に埋まった家族を助ける、
避難所でプールの水をトイレに運ぶ、
そういった体験から体力と防災に対する知識の
重要性を痛感せられたことがあります。
それはスポーツで育める要素。
自分を守り、家族を守るために、
日常からスポーツを通して災害に備える。
スポーツに携わる会社として、
災害の多いこの日本で、 スポーツを通じて
防災を自分ゴトにする「防スポ」の活動を広めていきたい。
その決意をもって「防スポ」スタートします。

株式会社シンク
代表取締役社長 篠田 大輔

例えば
バケツリレーの
世界記録保持者に
なってみるのは
どうだろう?
防リーグは防災技術と体力を競う、
防災スポーツ競技大会です。
「火災時の煙避難」や
「水難の際の救助方法」、
「負傷者の搬送」、
「消火器の使い方」といった
災害時に役立つ様々な防災の知識と技を、
競技を通して、実際に体験しながら
楽しく学ぶことができます。

毛布担架障害物競争(仮)

毛布で応急的に担架をつくり、がれきを避けながらケガ人を搬送する技を身に付けるプログラム。

水難救助競争(仮)

ロープワークを活用し、川や海で溺れている人を救助する技を身に付けるプログラム。

一輪車で物資運搬(仮)

がれきや物資の運搬に役立つ一輪車(ネコ)の使い方を身に付けるプログラム。

物資搬送リレー(仮)

支援物資を協力して運搬し、限られたスペースにそれらを収納する技を身に付けるプログラム。

水消火器的当て(仮)

消火のコツや消火器の使い方を学ぶ、シューティングゲーム形式のプログラムです。

キャタピラ煙避難競争

火災からの避難時に、煙を吸わないよう姿勢を低くして動く技を身に付けるプログラム。

日常生活の中で行える
もしもの時のに備える
心と体のトレーニング

身体および防災トレーニングを1冊に
まとめた防災ハンドブック(制作中)
家族で話し合って決めておくことや
我が家の防災メモ等を記載



企画制作
東京都千代田区神田淡路町2-9-11 東酒類ビル6F
TEL : 03-6206-8947 / FAX : 03-6206-8947


プログラム監修・共同開発